グランドデザイン



<校訓>
自主  博愛  創造
ー すすんで なかよく すこやかに ー
※校訓について
旧八郷南中学校で大切にしてきた校訓を本校に引継ぎ、地域とのつながりのある教育活動を展開することを目指し、本校の校訓を制定した。

進んで学び、友情と信頼を深め合い、健やかな心と体を育む学校

<学校教育目標>

 児童生徒一人一人に応じた自立と社会参加を実現するため、地域の資源を最大限にいかしつつ、学校・家庭・地域が協働・信頼して、それぞれの個性や可能性を伸ばす教育を推進し、地域に開かれた学校を目指す。

目指す児童生徒像

・進んで学習に取り組む児童生徒
・友達となかよくし信頼しあう児童生徒
・すこやかに生活できる児童生徒

目指す学校像

・一人一人の学びを大切にし、信頼される学校
・安全・安心で互いを大切に思う学校
・地域のよさを大切にする学校

目指す教師像

・授業を大切にし、学び続ける教師
・一人一人に寄り添える教師
・つながりと信頼を大切にする教師

<中期的目標>

1 「安全・安心」な教育活動を徹底し、安心して学習や生活できる教育環境の整備に努める。

→ 安全・安心で温かな教育環境づくり
○児童生徒が安心して学習や生活できる教育環境の整備
○全学年での「道徳」の授業を通した相手を思いやる豊かな心の育成

2 児童生徒一人一人の学びや生活のしやすさを高め、生活に結び付いた確かな学力の定着を図る。

→ 
一人一人が学ぶ楽しさを実感できる授業づくり
○ICTを積極的に活用した学習支援の工夫等による生活に結び付いた確かな学力の定着
○自立活動の充実(専門家と連携した事例検討、教科等の学習との関連)

3 地域の自然や地場産業等を有効活用し、地域に根ざした教育活動を推進する。

→ 
地域資源の有効活用と地域に根ざした教育の推進
○地場産業と協働した授業づくりと地域との交流の推進
○地域の自然や公共施設等を有効活用した健やかな心や体の育成(自然体験や自然散策等)

4 幼児教育施設や小・中・高等学校等との連携を密にし、地域の特別支援教育の充実に寄与する。

→ 
センター的機能をいかした地域の特別支援教育の充実
○幼児教育施設や小・中・高等学校への巡回相談を通した地域の子供たちへの支援の充実
○学校公開や研修会を通した特別支援教育に関する情報の積極的な発信
 
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2018 茨城県立石岡特別支援学校